長時間のパソコン作業で目の疲れをなんとかしたい

ブルーライトの影響

ブルーライトが目に及ぼす影響、怖いですよね。だからといって現代人が手に入れたパソコン、スマホ、テレビを手放す生活は難しいし戻れないと言っても過言ではありません。

光ダメージを受け続けた目は過酷な状況に陥っています。こんな症状はありませんか?

 

  • スマホやパソコンを見続けている
  • 仕事がパソコン作業
  • ピントが合いにくい
  • 目が乾いている
  • 涙が少なくなっているような気がする
  • 目の中がゴロゴロ
  • コンタクトがポロリと剥がれる

 

1つでも当てはまっている方はドライアイが進行しているかもしれません。疲れてからではなく常日頃からアイケアを継続しているかが重要です。人が生活する上で視覚から入ってくる情報が8割と言われています。脳に情報を伝える大切な役割を担っています。しかし現代人は酷使していて目のトラブルが日常的に起きている状況です。

 

目薬だけでは良くならず慢性化する恐れ

眼精疲労

病院に行ったけど目薬を処方してもらって終わりだった。結果眼精疲労を訴える方にとって満足いく治療とは言えないのが本音だと思います。

血流の流れをよくする。という意味でビタミン系の点眼薬を処方されることがほとんどでしょうが、凝り固まってしまった目の周りの筋肉はやっかいなものです。

仕事上パソコン作業で1日中パソコンを見ている方にとっては疲れがリセットされないまま蓄積していっているのが慢性化する原因と言われています。

 

慢性化するとこんな症状に

 

パソコン作業肩こり

 

視力の低下  最近見えにくい。見ようとして頑張ると余計に目が疲れる⇒

慢性肩こり  肩のコリだけでなく、首や腕もむくみやすくなっています⇒

頭痛     目のコリが原因で頭痛が起きているかも

顔面のコリ  放置するとむくんで顔がパンパン?老け顔にアンチエイジングで美肌⇒

瞼や目の周りの痙攣 これはかなり進行しているかもしれません。仕事以外でブルーライトを見つめる機会をできるだけ減らすこと。そして内側からケアするのもおすすめ⇒

ストレス症状 ストレスでも目の疲れ症状が悪化することもあります。その原因は⇒

 

 

病院に行くほどでもないけど

 

疲れ目対策

 

そうです。ポイントは病院に行こうかなと迷っている時です。みんなこれぐらいの症状では病院に行かないだろうし、休みにくいなぁと思う方は、手軽に効率よく摂れるサプリメントもおすすめです。食品から摂るよりも吸収率などが考えて作られているため、効果を実感しやすく仕事で忙しい時や疲れ目を感じたときにパパッと補給できるのも手軽で続けやすいと思います。

 

ただサプリメントは効果を実感するのに個人差があったりするのである程度続けていく方がアイケアと言う点において効果が出やすいのかなと言う風に思います。

 

サプリを試したことがないと言う方は成分を把握し吸収率がいいものを選ぶといいでしょう。

 

 

 

目が疲れたと思ったときに効果のある栄養成分はこちら