パソコンの目の疲れに目薬と並用

-shared-img-thumb-0I9A111415030157cyotto_TP_V

現代の生活ではスマホやパソコン作業、テレビなどが日常になっていますが、これらのブルーライトは目に負担がかかるものでもあります。

 

そのため、眼精疲労やドライアイといった症状に悩まされることも多いです。最近では、目のピントがあわないという症状も年齢に関係なく多くなっています。

症状に気づいたら早めに対処するのがポイント

キャプチャ1

目の渇きを改善する成分といえば、ビルベリーやブルーベリー、ルテインゼアキサンチンが有名で効果があるといわれています。
目薬は外からのケアですが、内側からケアすることも重要なのです。

 

また、食べ物で摂取するよりもサプリメントで摂取するほうが、より効果を得ることができるといわれています。

 

それは毎日目にいいとされる有効成分を食品から摂るのは現代人にとって難しいことでありサプリの方が取り入れやすいというメリットも実際にその手軽さでる続けているという方も多くいます。

めなりは他のサプリメントよりも優れている面が多々あり

キャプチャ

 

アントシアニンは約5倍多く含まれており、ビルベリーは通常の2倍の吸収率があります。このビルベリーエキスは特許を取得しており、効果も長時間安定しているのが特徴です。

 

ルテインゼアキサンチンは紫外線の光のダメージやブルーライトの影響を軽減してくれる効果もあります。そのためゆがみやかすみ、眼精疲労を軽減することも可能です。このルテインゼアキサンチンの吸収を高めるビタミンやミネラルも豊富に含まれていることも特徴です。

 

サプリメントで目の渇きを改善するならば、有効成分が豊富に含まれていることは重要な要素です。この重要な要素を満たしているサプリメントがめなりです。めなりは有効なサプリメントですが、薬ではなく健康食品です。そのため、何よりも大切なことは継続して摂取することです。

 

目をよく使う昼の時間帯に成分が働きやすいので、朝食後や昼食後などに摂取すると、より効果を感じやすくなります。