アントシアニンがブルーベリーの5倍?目にいいサプリとは

パソコンやスマホによる疲れ目症状お悩みの方も多いと思います。目が乾いて慢性的な眼精疲労が続いているという声を最近ではよく耳にします。

1時間に10分程度の休憩を…。なんて一般的に言われていますが1時間に一回休憩を取っている方を見つける方が難しいかもという時代です。

 

でも要注意ですよ。何日か経つと症状が治まったからと言って目の異常は意外と放置してしまいがち。

単なる疲れだからと軽く考えずに長年使い続ける大切な目だからこそ日頃のアイケアがとても大切になってくるわけです。

bsOJS_PCnoyarisugitemega

老化は目から

もし目の機能が低下してしまうと日常生活への影響は想像以上に大きい。脳に送られる情報の80%以上は目から入ってきます。

今こうしてこの記事を読んでいる方もまさに視覚に頼って生きているわけです。

-shared-img-thumb-DI_IMG_5638_TP_V

目の疲れが意味すること。それは目から情報を受け取っている脳も疲労してしまっているということです。

頭痛、肩こり、目の乾燥、集中力の低下、精神的疲労などトラブルの火種になっていると言っても過言ではありません。

アイケアを習慣化させる

 

老眼だけでなく若い世代でもパソコン作業やスマホの使用時間が増え、眼精疲労やドライアイに悩む方が年々増加傾向になっています。

仕事の合間に点眼薬を指している方もけっこういるかもしれません。それも1つのケアですね。

目薬を選ぶ際は眠気防止ではないので、刺激の少ない潤い重視の物を選ぶと目の疲労を緩和してくれます。

水分保持力の高い目薬を選ぶことも重要なポイントです。

 

眼精疲労は内側からのケアがとても大切

-shared-img-thumb-Lisa88_sumahoganmi20141018093542_TP_V-(1)

目と脳の密接な関係をお伝えしましたが、放置しておくと精神的疲労となって症状が出てくることも多々あります。

だからこそ意外と知られていませんが内側からのケアを習慣化させること。サプリで目の疲れを癒す方法です。

 

目の健康に働きかける成分としてブルーベリーに含まれるアントシアニンが昔から注目されている中で、最近ではブルーベリーより多くアントシアニンを含んでいるとしてビルベリーがクローズアップされています。

 

そんなビルベリーを贅沢に使い開発したサプリメントに「めなり」と言う商品があり、守る力と防ぐ力を追及して目の健康を維持してくれます。

「めなり」は防ぐ力としてアメリカで特許を取得したビルベリーを業界トップクラス配合し、守る力としてルテインゼアキサンチンを推奨摂取量配合しているのです。
さらに目のスッキリを実感出来る様にクロセチンやアスタキサンチンにベータカロテンやビタミン、ミネラル群を贅沢に配合しています。

 

アイケアサプリは吸収率で選ぼう

 

「めなり」で使用しているビルベリーは北欧原産の物で、太陽が一日中沈まない白夜の時期に実がなる為に一般的な栽培種と違い実の中までギッシリとアントシアニンが含まれているのです。
守る力としてのルテインゼアキサンチンとは元々体内に自然に存在している成分ですが、40代を過ぎた頃から大幅に減少してしまい紫外線やデジタル機器から発せられるブルーライトからのダメージを受けやすくなっています。

他の商品にはない吸収率のよさが定評の「めなり」なら、目のトラブルに悩む方にとって気軽に試せるサプリメントとして多くの方に支持されています。