パソコン作業で視力を低下させてしまわないための対処法

bsYKO85_monitamiruzangyouOL20131019

スマートフォンでは、よく医師や医学界からも指摘がされているようにブルーライトと呼ばれる、視力が低下してしまう光が出てしまっています。
スマホを使っていると目がとても疲れるようになった、このような感想を持っている人はとても多いです。

目は情報を得る重要な機能。酷使している目の健康を考えるとあなた自身健康に近づけるかもしれません。

ブルーライトの症状を放置するとダメージが大きい

-shared-img-thumb-tsuruno9_TP_V

スマートフォンやパソコン作業では上記のようにとても目を使うこと、またパソコンからもブルーライトが出ている関係から、非常に目が疲れ、目のピントがあわないようになっていきます。瞬きを意識的に行うという対処法もありますがなかなか意識して行うのも難しいものです。
また同時に長時間、このようなパソコン作業やスマートフォンを使用していると酷いドライアイにもなります。

 

それでも放置していると脳への影響や自律神経への影響ホルモンの乱れの原因になってしまいます。

単なる目の疲れで終わらせない

 

目を1時間に一回は休ませてあげてください。と言うのが理想ですがなかなか仕事中はそう言うワケにはいきませんよね。

このような際には、めなりという眼精疲労に特化したサプリメントがとてもお勧めです。
「めなり」には、ビルベリーと呼ばれる眼精疲労に効果的である成分が大量に含まれているため目の疲れなどが酷い人にはとても効果的なものなのです。

キャプチャ

また「めなり」にはルテインゼアキサンチンという成分も大量に含まれているため、眼精疲労が辛い方にもとても効果的であるとされており現代人特有のスマートフォンやパソコン作業による目の酷い疲れをとても癒してくれる成分が大変に多く含まれている素晴らしい物なのです。

そのため、「めなり」を愛用している方の中には、「めなり」を使ってから、酷い疲れがなくなった!と驚きの声を挙げている人がとても多いのも事実と言えます。