スマホで視力低下を加速させない為の簡単対処法

 

Fotolia_66939192_XS

スマホやパソコン、ゲームなどを長時間かつ日常的に使用している生活は眼精疲労を伴い、視力低下につながってしまうことは今や現代人の抱える課題でもあります。

病院に行くほどではないけど最近なんだか目の疲れが気になってきた。目の乾燥を防ぐ方法を試してもどれもイマイチ。多くの悩みを抱えている方が増えている現実です。

視力低下になるメカニズム

PCやスマホを見ることが直接の原因となって視力低下を招いているワケではありません。

長時間見ていることが目に負担となり、眼精疲労を起こしやすい目になる。1点を見つめることが多く眼筋が動かないため衰えその結果視力が低下してしまいます。

 

  1. 近くのものを見続けてしまう
  2. 長時間のパソコン作業
  3. 暗いところでのスマホ操作
  4. 長時間のテレビ
  5. 同じ姿勢でのスマホゲームなど

予防法は目を休める

-shared-img-thumb-C789_kyuusokucyunosarari-man_TP_V

目を休めると書きましたが、簡単そうで意外とできないもの。

適度に休憩を入れれば理想ですが仕事中はなかなかそんなわけにもいかないですよね。

 

サプリのチカラを借りて内側からケアするという対処法

 

PC作業を伴う編集者やネット関連のお仕事をされている方にはもはや常識かもしれませんが。

めなりサプリはとても効果的であり、加速する視力低下やなかなか改善しない疲れ目解消に効果があると言われています。

「めなり」には、ビルベリーという成分とルテインゼアキサンチンという成分がとてもたくさん含まれています。

ビルベリーはブルーベリーの5倍のアントシアニンを含んでいることから目の乾燥を内側から守ってくれる手助けをしてくれます。

 

Fotolia_106966830_XS

 

ただビルベリーは体内で吸収されにくいという欠点を持ち合わせていますがめなりの場合、吸収率をアップさせ確実に潤いを目まで確実に届ける為にその他の栄養成分をバランスよく配合したサプリになります。

「めなり」を実際に使っている人は、気づけば酷かった眼精疲労などがなくなり目に潤いを内側から感じるようになったという声もあります。

同時に、パソコン作業やスマートフォンなどの作業がとても楽になった!という意見を多くお持ちです。

 

まとめ

サプリを飲んでいるから目を酷使し続けていいというわけではありません。あくまでサプリは食品です。病院に行かなければならないほど視力が著しく低下したりドライアイなどの症状の悪化がすすんだ場合はやはりトータルケアが大切になってきます。