スマホ見すぎで老け顔に?対処法と摂るべきサプリとは

-shared-img-thumb-CSS_zangyougirl1292_TP_V

ちょっとした空き時間があるとついついみてしまうスマホ。帰宅してパソコンを長時間眺める。

一度見始めるとついつい長時間使ってしまうという人もたくさんいます。スマホやパソコンを使うことが多い現代では、仕事でパソコン作業を行う人は特に目を酷使しているといえるでしょう。

でもちょっと待って。実はスマホの見すぎが老け顔を作っていた事実。これをクローズアプします。

スマホやPCが与えるブルーライトの影響

スマホやパソコンから発しているブルーライトは網膜を傷つける波長と同じくらいの強さを持ち、年齢とともに網膜が傷み視力が低下してしまう症状の原因ともいわれています。
また、このブルーライトは眼球の奥の角膜まで届くほどの強い光の為、長時間見ることで、眼精疲労や頭痛を引き起こしたり、ドライアイ、目のピントがあわないなどの症状も出てくるのです。

そしてふと気づくと自分の顔がなんだか老けて見えるということも起きています。目が疲れるだけで、目がしょぼしょぼとしたり、目尻にしわが目立ったり、クマがひどくなっていたり、頬までたるんでしまうことがあり、老け顔につながってしまうのです。

自分がスマホの見すぎで老け顔になってきていると感じたらすぐに対策をとらなければなりません。

 

 

  1. スマホを使う時には下を向かないよう正しい姿勢で使うようにします。そうすることで目線もあがり、顔のたるみ解消が期待できます。
  2. 定期的に目の運動をすることです。短時間でも目を動かすことで目の筋肉が戻ってきます。
  3. 口角をあげる運動をすることです。ほうれい線が深くなったり、顔がたるんでしまうのを防いでくれます。
  4. 目にいい食べ物(アントシアニンが含まれる食べ物)しかし毎日欠かさず食べるのは難しいかもしれません。

 

 

目の不調や老け顔改善は簡単に治るものではありません。継続的にサプリメントで必要な成分を補っていくことが大切と言えます。

そこで、めなりサプリメントをおすすめします。
めなりはビルベリーの含有率が業界トップクラスです。このビルベリーには、目に良いといわれているアントシアニン含有量がブルーベリーの5倍も含まれているのです。
さらにめなりにはルテインゼアキサンチンも含まれています。これはブルーライトの影響を軽減させ、かすみなどから守ってくれるのです。

これらの吸収率を高める有効成分がめなりには含まれています。