アントシアニン食材を食べるだけでは効果に疑問

-shared-img-thumb-ELF85_utuwayamamori_TP_V

アントシアニンを含む食品は、ビルベリー、ブルーベリー、カシス、プルーン、アサイー、黒豆、黒ごま、ナス、いちご、ぶどう、などです。

 

毎日食品で取り入れていても加熱すると効能が失われやすい摂取しても24時間以内に尿とともに排出されてしまうため毎日欠かさず取ることが大切です。

 

しかも食品で摂るとなると、ブルーベリーの場合、両手にいっぱいになるほどの量を毎日食べなければいけない計算になることから効率的に取るには?を考えていきましょう。

 

アイケアはパソコンスマホ利用者なら常識

-shared-img-thumb-N811_toridashitajyouzai_TP_V
効率よく摂取するにはサプリメントを飲むことをおすすめします。

実は最近は、ブルーベリーの一種であるビルベリーの人気も高まっています。

 

Fotolia_106966830_XS

ビルベリーの説明を簡単にすると、ビルベリーは昔から食用としてだけでなく薬としても使われておりブルーベリーよりもアントシアニンが豊富に含まれています。
また、マンガンと亜鉛が他のベリー類に比べて多いです。

 

カテキンなどのポリフェノールも豊富に含まれているので、ヨーロッパでは医薬品として使っている国もあります。
目に良いサプリメントの成分では、ルテインゼアキサンチンも有名です。

 

ただ、ルテインゼアキサンチンは、いくら摂取しても目に運ばれて吸収されないと意味がないのです。
吸収した栄養を目まで運ぶことができるのが、アントシアニンです。

 

サプリメントは吸収率が大切

-shared-img-thumb-PAK58_MBAkatakata_TP_V (1)
めなりは、目の健康のためのサプリメントで、ブルーベリーの5倍のアントシアニンを含んでいるビルベリーが配合されており、ルテインゼアキサンチンの吸収率を高めてくれるクロセチン、ビタミン、ミネラルもバランスよく含まれています。

-shared-img-thumb-OOK85_kahunkitu20150314132420_TP_V

 

ビルベリーには、ブルーライトのダメージを抑える働きや、腸内環境を整える働きもあります。
くしゃみや目のかゆみの原因となるヒスタミンを減らす(抗ヒスタミン)ので、花粉症対策などのアレルギー予防も可能です。

 

サプリを試すと目薬などの外側ケアだけの時と違い、内側から潤う感覚を感じる方もたくさんいます。飲まないと目がカラカラな状態と表現する人もいるほど実感している方がほとんどです。

 

めなりは他のアイケアサプリと違いビルベリーの配合量が圧倒的に多いと言えます。それでも体内で吸収されなければ意味がありません。そのため吸収にこだわったサプリと言えるのです。