スマホのブルーライトで肌が老化する事実と対処法

パソコンやスマホやタブレットやテレビからのブルーライトからの刺激で、目は常に酷使されて疲れ切った状態です。

そして最新の研究結果でブルーライトに関する新たな研究結果が発表されました。

 

bsYKO85_monitamiruzangyouOL20131019

 

ブルーライトで肌が老化してしまう。美肌を気にする女性にとって必要不可欠なスマホがまさか目だけでなく肌にも悪い影響とは悲しい現実と向き合わなければいけません。

ブルーライトはもはや紫外線をも上回る脅威

 

ブルーライトとは光の波長が短くて大きなエネルギーの光であり、年齢と共に網膜が傷んで視力が低下する加齢性黄斑変性症の原因になるものと考えられています。

また、強い光が眼球を覆う角膜まで届くため、パソコン作業などで長時間ブルーライトを浴びていると、眼精疲労ドライアイを引き起こします。

 

そして紫外線よりも目や肌の奥まで届き、細胞にダメージを与えてしまいます。

一節にはブルーライトによりたった1時間で肌細胞が変色してしまい一度色素沈着してしまうと言う恐ろしい現実。

通常のターンオーバーでは追いつかないという頑固者なのです。

 

放置しておくとお肌のエイジングが進み活性酸素が発生

 

ブルーライトは活性酸素の中でも老化の原因と言われる一重項酸素という活性酸素の生産を誘発させてしまうのです。

1日何時間もスマホやパソコンに向かっている方は年齢関係なくサプリなのどでケアしていく時代です。

 

Fotolia_106966830_XS

 

ブルーライトの影響によるこれらの症状を改善するためにおすすめなのが「めなり」です。

めなりはビルベリーとルテインゼアキサンチンが配合されているのが最大の特徴です。

ビルベリーは、アントシアニンがブルーベリーの約5倍も含まれていますし、ルテインゼアキサンチンは、水晶体や網膜の酸化を防ぎ、ブルーライトの影響を軽減してくれます。そして、光ダメージから目を守るアスタキサンチンや、ビタミン、ミネラルなども豊富に含まれているのです。

めなりは、これらの成分によっての働きによって、毎日ブルーライトの影響で大きなダメージを受けている目に高い効果を発揮して、眼精疲労やドライアイなどの深刻な症状を改善してくれます。

 

-shared-img-thumb-CSS_csdesagyousurujyosei1292_TP_V