ブルーベリーとビルベリーの違いを知って目にうるおい

Fresh blueberries - healthy diet

ビルベリーは今ブルーベリーよりアントシアニンが豊富という事で注目されています。

ブルーベリーとの違いを見ていきましょう。

ビルベリーは品種改良されていない野生種

Fotolia_79683228_XS

日本で市販に出回っているブルーベリーは全て品種改良された栽培種。一方ビルベリーは北欧の森に自生する野生種。白夜の頃に実をつけるビルベリーは1日中注がれる太陽の紫外線から身を守るためアントシアニンをたっぷり含み、果肉の色を比較してもブルーベリーが白っぽいのに対し濃い青紫色をしているのが特徴。

 

そして赤や紫、青紫などの色を持つ果実や野菜(りんご、いちご、プルーン、ラズベリー、黒大豆、赤紫蘇など)と比較しても食品の中で最もアントシアニンを含んでいるのがビルベリーであると言われています。

 

現代人の目にいいのは間違いさなさそうですね。

安定的にアントシアニンを摂りたい

キャプチャ

目の栄養になる成分を贅沢に配合しためなりは眼精疲労を解消するためのサプリメントです。ビルベリーやルテインゼアキサンチンといった成分を中心に、抗酸化成分のアスタキサンチンやβカロテンなどの栄養素が配合されています。

めなりに含まれているビルベリーには、紫外線から細胞を守る働きを持つアントシアニンが豊富に含まれていて、視覚機能の安定に効果的とされています。

 

アントシアニンはビルベリーやなすに含まれている天然の青色素になり、抗酸化成分ポリフェノールの一種です。ルテインゼアキサンチンは水晶体や網膜にある黄斑に存在している成分で、マリーゴールドや緑黄色野菜に多く含まれています。

 

この3つの成分には、紫外線やブルーライトなどの光で受ける目のダメージを緩和する作用があるとされ、光ダメージからくる眼精疲労や眼病予防に役立といわれています。

 

さらにめなりでは、カロテノイドの中でも分子の小さいクロセチンを配合することで成分を吸収を高めています。1日2粒のめなりで、ビルベリーなら170mg、ルティン12mg、ゼアキサンチン2.4mgが摂取できます。ルティンとゼアキサンチン、クロセチンは同時に摂取するとさらに効果が高まるので、目のかすみやピントが合わないといった症状の緩和に最適なサプリです。