目が乾く!自律神経の乱れを整える

Fotolia_79683228_XS

目が乾く。単純にパソコン作業やスマホを長時間見ているからと考えがちですが、それが原因で自律神経の乱れをひきおこす。

その結果、ドライアイ瞬きした時の痛み違和感、気づくと精神疲労(うつ)などの症状がでてしまうということにもつながってきます。

単なる目の疲れと侮ってしまってはいけません。

目薬ではなかなか症状が改善されないという現実

-shared-img-thumb-PAK85_coding15095904_TP_V

眼科へ行ってドライアイと診断され、目薬を常に持ち歩いている人もいるでしょうが、それだけではなかなか症状が良くならない場合もあります。

慢性的な涙不足、目を潤わせるのも自律神経の役目。

 

交感神経優位⇒涙の分泌量が減る、瞬きの回数が減る

副交感神経涙の分泌量が増える。

 

ストレスが多い人がドライアイになりやすいという研究結果があるのもこれで頷けます。
そうなると目薬だけではメカニズム的に症状が改善されません。体の内側からのアプローチも重要になってきます。

めなりは3つの厳選された成分でできています

キャプチャ
一つ目はアントシアニンです。

ブルーベリーの青色の成分で、紫外線を吸収して体内への侵入を防ぎます。沢山のブルーベリーの中でもこのアントシアニンが多く含まれているビルベリーを100%使用することによって、持続率・吸収率をあげることができます。

 

ビルベリーは普通のブルーベリーに比べるとアントシアニンが5倍も含まれています。
業界ではトップクラスのビルベリーの配合量となります。

 

二つ目はルテインゼアキサンチンです。
緑黄色野菜に置く含まれている成分で、紫外線のダメージから守ってくれるので、予防にもなる大切な成分です。
ルテインは40代から急激に減少するのでサプリメントで補ってあげるのが良いです。
めなりのルテインはマリーゴールドから精製した純粋なルテインを使用しています。

 

三つ目はアスタキサンチンです。
ビタミンEの1000倍のパワーを秘めた、体の奥の若々しさを保ちます。
これらの成分以外にも補酵素・ビタミン・ミネラルも配合されているので、めなりを飲むだけでも、違いを実感できるはずです。

 

ドライアイ対策

bsOJS_PCnoyarisugitemega

    • 加湿器の力を借りる
    • 室内を加湿する
    • ストレスを感じる時にはコンタクトではなくメガネで
    • 意識的に瞬きする
    • 目を休ませる

全て試してみると感覚的につらい症状から開放される感覚を味わえるかもしれません。試してみてください。