目にいい食べ物って何?子供の視力低下を防ぐ方法

 

ブルーベリーサプリ

 

目にいいもの=ブルーベリーという印象が強い方お多いかもしれませんが、実は他にもあるのでバランスよく摂取すると気づいた時には目の疲労感も軽減されているかもしれませんよ。

目にいいこと目に悪いことをおさらい

 

目の奥の疲れ

 

目にいい食べ物

  • しじみ(ビタミン12)
  • ブルーベリー(アントシアニン)
  • チーズ(ビタミン12)
  • ほうれん草(ビタミンC)
  • いわし(亜鉛,セレン)
  • にんにく(マグネシウム,ビタミン6)
  • 人参(カロチン)
  • らっかせい(ビタミンB1)

 

目に悪いもの

  • パソコン,スマホ,タブレット(ブルーライト)
  • 甘いお菓子(血糖値が上昇し、血管を傷つけてしまっているかも)
  • ゲーム(長時間同じ視点に合わせていると水晶体のピンと機能が弱まってしまいピントが合わなくなってしまいます)
  • 紫外線

 

もちろんこれだけではありません。かぼちゃや人参、ブロッコリーなどに含まれるベータカロチンは体内でビタミンAに変化。網膜上で細胞の保護に役立ちます。

近視を進ませないようにするためにアスタキサンチンも有効です。鮭やカニ、イクラ、エビなど魚介類に含まれています。水晶体の合わりについている筋肉の負担を和らげることがわかっています。

ピント調節お整ってくるのでおすすめの栄養素です。

 

アスタキサンチンや目にいい栄養を効率よく摂るには?

 

スマホ対策サプリメント

 

アスタキサンチンや目にいい栄養を効率よく摂ろうとすると1日にでいろいろな食材をとらなければいけません。となると続けられるか心配。

もちろん食事から栄養を摂ることは基本中の基本ですが、補うという意味では目の疲れや近視予防に目のサプリはおすすめです。

 

アスタキサンチンが入っている目にいいとされるサプリはめなり。

めなりは妥協をしない商品開発で目にいいとされる栄養がバランスよく配合されています。