目のピント調節がうまくいかなくなったと感じたときのアイケア

Fotolia_66939192_XS

加齢だけではない眼精疲労のせいで目のピントがあわないなどの症状を抱える人が増えてきています。

しかもパソコンだけではなくスマートフォンが普及してきたことも眼精疲労を助長しているとされており、その結果目のピント調整機能が落ちてしまっている人が増えてきています。またスマートフォンの使いすぎはドライアイ患者も増やす結果となっており、現代社会は目にとって優しくない環境になりつつあるとされています。

温める冷やす以外のアイケアしてますか?

-shared-img-thumb-CSS_csdesagyousurujyosei1292_TP_V
アイケアをしっかり考えなければいけない社会であると言われており、そんなアイケアにお勧めされているのがめなりと言う眼精疲労専用のサプリメントです。

めなりの特徴はブルーベリーよりもアントシアニンの含有量が多いとされているビルベリーを170mgも含有しています。

 

それによってブルーベリーサプリメントよりも眼精疲労への回復力が高いほか、目のピント調整能力の回復やドライアイの改善などを期待することが出来ます。また、ビルベリー以外にもルテインゼアキサンチンという成分が含まれているところが目なりの特徴のひとつで、この成分は水晶体などにある色素となっています。

 

これを摂取することによって紫外線やパソコン・スマートフォンなどのデジタル機器から発せられるブルーライトの影響から目を守ることができるので、結果的に激しい目の疲れなどの症状を改善することができるようになるといわれています。

 

サプリメントなので仕事中にも手軽にアイケアができることがクチコミで広がり、大きな反響と実感を集めています。
現代病となっている目の症状・眼精疲労を改善するアイケアとしてめなりは非常にお勧めできるサプリメントと皆様は試したことありますか?

眼精疲労用サプリは他にもたくさん出回っていますが、成分含有量や生産過程の安心度で見るとその差は歴然と言えるのではないでしょうか。