目の疲れによる肩こりにさようならできるアイケア

Fotolia_89336100_XS

パソコンやスマホを長時間見るとロドプシンの合成が遅れて目の疲れが起こります。

瞬きが減った目は血行不良を起こしやすく、目のつけれでなく肩こりにも悩まされている方はこのせいです。

意外にも目からくるダメージは大きかった

 

-shared-img-thumb-C789_mbaniokaretakeitai_TP_V

 

眼精疲労とは目の周りの筋肉を動かさないことで起こってしまう血行障害のことです。

 

目を使った作業をすることが原因で血行障害が起きてしまうとされていますが、特にパソコン作業を集中して行ったときに、最も目の筋肉を動かさないということと、デジタル機器から発せられるブルーライトにより目に悪影響を与えることで眼精疲労になりやすいとされています。

 

そのために目のピントがあわないということや、肩こりや頭痛などの症状を引き起こしてしまうのです。このようになってしまうと睡眠をとっても症状が改善されないことがあります。このような状態にならないようには日頃から対策を行うことが必要です。

また辛い肩こりが続いてしまうような時の改善策として有効なことは、目に良いとされる成分を摂取することです。目に良いとされるものにブルーベリーがありますが、実は眼精疲労にはそれだけでは足りないといわれています。

 

顔面を指圧すると痛い…これも血行不良

 

Fresh blueberries - healthy diet

 

めなりというアイケアのサプリメントにはビルベリーが含まれているのですが、このビルベリーには目に良いとされる成分の量がブルーベリーの5倍とされています。そのため吸収率が通常の2倍もあることで安定した効果が見られています。それだけではなくこの「めなり」には、目に良い有効成分であるルテインゼアキサンチンが多く含まれていることも特徴です。

 

キャプチャ

 

このルテインゼアキサンチンは人体の中では水晶体にある色素であることで、目のピントがあわないという状態を改善させ、目のかすみを軽減させることができます。仕事でパソコン作業を多くする人には、ドライアイ対策としてもおすすめのサプリメントです。