スマホで体調不良に?気をつけたいVDT症候群

-shared-img-thumb-YOSX9810_TP_V

長時間のパソコン作業やスマートフォンの閲覧、テレビの視聴などで現代人の生活は目を酷使することで成り立っているといっても過言ではありません。

目を酷使すると、目の充血痛み目のピントが合わないなどの症状を引き起こし、眼精疲労やドライアイの原因ともなります。

さらに眼精疲労は、肩こりや頭痛、めまい、吐き気など、目だけではなく体全体に悪影響を及ぼすこともあります。

VDT症候群

Fotolia_89336100_XS

 

一般的にコンピューターを用いた作業のことを指し、この作業によって心身の不調を引き起こすこと。厚生労働省も「VDT作業における労働衛生環境管理のためのガイドライン」を定めて

健康管理に配慮するよう求めています。

 

しかし、実際パソコンの作業者が休んでいないのも現実です。

 

一番多いのは目の酷使による眼精疲労とドライアイ

-shared-img-thumb-PPP_cyairoihushinomegane_TP_V

コンタクトを装着している方に多いのがドライアイの深刻化です。ただえさえパソコン作業で目を酷使しているのにさらに乾きを加速してしまう危険性があります。

PCメガネなどでブルーライトをカットする工夫のほかに、思い切ってメガネに切り替えるというのも1つの方法です。

 

というのも、症状が進行してしまうと視力障害瞬きが痛いなどの症状、目の表面の炎症などと精神面でのダメージ(うつなどをひきおこす可能性)も出てきます。

 

スマホやPCを全く使わない生活には戻れない

 

その代わりに日頃のアイケアは、もう当たり前の時代です。

視覚から脳へ伝わる情報は8割も占めていると言われています。目が疲れているのを放置してしまうと脳まで披露してしまうのです。

今症状が出ていなくても今後歳を重ねる毎にリスクは高まりますので日々労わりながら生活していくことが大切です。

 

そんな目のトラブルの解消に強い味方となってくれるのが「めなり」です。めなりは眼精疲労やドライアイを始めとした、目の不調を改善するための栄養成分がたっぷりと詰まった栄養サプリメントです。

 

目の栄養サプリメントはたくさん出回っていますが、めなりが他のサプリメントと比べて特に優れているところは、ブルーベリーの一種であるビルベリーの配合量が業界トップクラスという点です。

キャプチャ

ビルベリーには、紫外線を吸収して体内への侵入を防ぐブルーベリーの青色成分であるアントシアニンが、ブルーベリーの約5倍も多く含まれています。従来のビルベリーは体内に吸収されるのが難しいという欠点を持っていましたが、めなりに配合されている特許取得ビルベリーは、特許製法によって通常の約2倍の吸収率を持つという優れものです。

 

また、酸化しやすく体内に吸収される前に効果を失うとされているアントシアニンについても、めなりでは安定した効果を持続することが可能です。

さらに、めなりには強力に紫外線ダメージをブロックする栄養成分ルテインゼアキサンチンも豊富に含まれています。

 

「天然のサングラス」の異名をルテインゼアキサンチンは、緑黄色野菜に豊富に含まれる成分であり、紫外線や電子機器のブルーライトのダメージを防いでくれます。めなりにはこの他にもたくさんの有効成分が含まれています。

眼精疲労やドライアイの改善や予防に最適な目のサプリメントと言えるでしょう。