白内障は老人性白内障と若年性白内障があります。眼の水晶体は通常、無色透明ですが、水晶体がにごってできたものが白内障です。原因はいろいろありますが1番は加齢、若年性白内障の場合は目を激しくぶつけるようなケガ、網膜剥離、アトピー、糖尿病などの全身疾患などが挙げられます。